社員が語る『私たちのミッション』

お客様と家族になること。
本音で対話して納得の住まいづくりを。

李 真弓
リノベーションマンション事業部 リノまま営業部 設計・営業

設計からアフターメンテナンスまで、お客様と一生のお付き合いを

現在、担当している仕事について教えてください。

李 真弓

住宅のリノベーションの設計を担当しています。リノまま営業部は設計と営業のプロセスが一緒になっているので、接客から設計、見積もり作成、現場の管理までが一連の業務となります。工事中も現場でお客様と打ち合わせをしたり、工事の進捗状況を確認したりと、引き渡しまで責任をもって関わります。アフターメンテナンスも私たち設計担当がお客様の窓口となります。お客様とはとても長いお付き合いとなりますね。

モットーはお客様の家族になる

仕事をする上で心がけていることはありますか。

李 真弓

「お客様と家族になること」を心がけています。お客様にご納得いただけるような住まいを作っていくには、お客様との垣根を払って、家族と同じ目線になる、家族のような関係を築きたい、そう思って取り組んでいます。お客様の本音を聞き、お客様の生活スタイル、趣味や価値観が反映されてこそ、良いものが出来上がります。お客様から「住んで良かった」「お願いして良かった」と言っていただくためには、まずはお客様の家族になること、をモットーに日々仕事に取り組んでいます。

回答する李 真弓

海外にお住まいのお客様からのご依頼に

これまでで印象に残っているお仕事はありますか?

李 真弓

海外赴任から20年振りに日本に戻られて生活を始めるというお客様で、帰国後すぐに住みたいというご依頼をいただいたことがあります。時差を考慮しながら、オンラインで海外との打ち合わせ時間を設定したり、サンプルを赴任先に送って確認していただいたりしました。工事期間中もお客様は赴任先にいらっしゃるので、私が責任をもって現場に立会い、写真や動画をお送りしてご確認いただきました。結局、工事中は一度も立合われることがないままお引越しいただいたという、他ではあまり無いケースだと思いますが、お客様から信頼されてこその仕事だったと思います。

リノベーション業もサービス業

最後に、企業理念に表される「豊かさ」とはなんでしょうか。

李 真弓

私たちが関わるリノベーションというサービスは、建築業ではなく、サービス業だと考えています。お客様の人生を豊かにすることを目的としていますから。
本物の「豊かさ」というのは、お客様の幸せはもちろんですが、「三方よし」でなければ実現できません。私たちリノままのスタッフ、協力業者さん、問屋さんなど、リノままをサポートしてくださる会社の方々、職人さんに至るまで、一つのプロジェクトに関わる全ての人たちが「納得のいく仕事」を通じてはじめて実感できるのが本物の「豊かさ」だと思います。ですからお客様には、現場に関わった人が分かるように、どこの大工さんか、どこの設備屋さんかを、なるべく説明するようにしていますし、工事中の現場写真も、最初から最後までお客様にお渡しするようにしています。お客様にご満足いただければ、それは関わったもの全員の成果だと思っています。