お客様の満足を最高の喜びとして ―

テアトルシネマグループ  消費税率変更に伴う各種鑑賞料金の改定について

HOME > ニュースリリース > 2013年度ニュースリリース > テアトルシネマグループ  消費税率変更に伴う各種鑑賞料金の改定について

2014年3月14日

基本鑑賞料金

一般、大学生、小中学生、幼児料金

【現行料金を据え置き、価格改定は行いません。】

高校生料金

【1,000円に統一します。】

  • 一部の劇場で1,500円に設定しておりましたが、4月1日より系列全劇場にて1,000円を基本料金といたします。

各種割引料金

シニア、夫婦50割引、ファーストデー、水曜サービスデー

【1,100円となります。】

  • 夫婦50割引はお二人様合計で2,200円となります。
障がい者割引

【1,000円】

現行のままとします。

TCG会員料金

【TCG会員割引1,300円】

ハッピーチューズデー/フライデー

【1,000円】

現行のままとします。

日曜夜割

【日曜日20時以降の上映回は1,300円】

  • 一部の劇場で実施しておりましたレイトショー割引は廃止とし、日曜日20時以降の上映回を1,300円に割り引く「日曜夜割」を導入します。
リーブルの日

【平成26年3月15日をもって廃止とします。】

適用開始

平成26年4月1日ご鑑賞分より

対象劇場

【系列9サイト】

ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿、 シネ・リーブル池袋、キネカ大森、新所沢レッツシネパーク、テアトル梅田、 シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸


  • キネカ大森の名画座上映など、劇場によって料金設定が異なる場合がございますのでご注意ください。