ホームニュースリリース2003年度>「テアトルタイムズスクエア」オープン一周年のご報告とお知らせ
News Release
ニュースリリース
<< news release index 2003年度 << 前のニュース<PDF> | 次のニュース >>
2003年4月22日

「テアトルタイムズスクエア」オープン一周年のご報告と
一周年記念イベント開催のお知らせ


テアトルタイムズスクエアがこの4月27日(日)にオープン一周年を迎えます。

都内単館系映画館としては最大規模の客席数と設備を誇り、情報発信性やエンターテイメント性の高いタカシマヤ タイムズスクエアと相乗効果を発揮しながら、東京テアトルグループのフラッグシップ館となることを目指して営業して参りました。

豊川悦司さんと井川遥さんをお迎えし華々しいスタートを切った『ドッグスター』を皮切りに現在まで9作品を上映、本年3月末までに述べ15万人のお客様をお迎え致しました。これからも年間20万人にご来場頂ける映画館に成長していけるよう、チャレンジを続けてまいります。

当社がテアトルタイムズスクエアで試みたことは、キャパシティや設備面で優れていることを活かし、ただ"映画の鑑賞を楽しんで頂く"だけの映画館ではなく、上映される作品の周辺にある「味わい」や「興奮」といった魅力も余すところなく発信していこう。というテアトルグループ映画興行事業の集大成を発揮させることでした。

タカシマヤ タイムズスクエアの買い物に訪れたお客様が、ふらりと立ち寄って頂けるような売店を目指して参ります。

作品に関するプログラム・書籍・CDはもちろんのこと、販売している食べ物にも工夫をこらしています。2002年12月レイトショー公開の『スクラッチ』では登場するDJ達が飲んでいたビール"ジーマ"を販売。

また、2003年1月公開の『バティニヨールおじさん』では舞台フランスの"オランジーナ"というジュースを販売するなど、映画の登場人物と同じ気分を味わえる商品を提供し、いずれも好評で通常の飲食品の倍近い売上を記録することができました。今後も作品にまつわる飲食品の提供を続けて参ります。


デパートと映画館の相乗効果を生むために、映画との連続性を追求。

タカシマヤ タイムズスクエア内各店舗ご協力のもと、ほぼ全作にあたる7作品でコラボレートしてきました。
最も人気を集めたのが2002年8月公開の『アマデウス ディレクターズ・カット』に登場する幻のお菓子"ビーナスの乳首"。一日30個の限定商品が午前中に完売し、10週間で1万個を売上げる大ヒット商品となりました。

2002年10月公開の『マーサの幸せレシピ』では、タカシマヤ タイムズスクエアのレストラン全店舗でオリジナルメニューを作成しフェアを開催。映画を通してレストランの厨房が競い合う限定メニューは完売が相次ぎ盛況となりました。

今後も6月公開予定の『トーク・トゥ・ハー』オリジナルケーキを、5月20日より限定販売予定しております。これまでご協力頂きましたタカシマヤ タイムズスクエアはじめ、各店舗の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げるとともに、今後の連動企画への一層のご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

テアトルタイムズスクエアは、開業までの準備期間が短期であったことにより、当初の上映作品は必ずしも当社の興行戦略として充分であったとは言えませんでした。これをハンデとして捉えたとしても、当初掲げた目標入場者に対して隔たりがあった結果は厳粛に受けとめなければなりません。

しかしながら、下半期に入りようやく営業政策が当初戦略に則った形で推進することが出来、現在上映中の『WATARIDORI』は、公開初日に1,300人を超える劇場新記録の集客を達成し、大ヒット作品となっております。

そして一周年記念としてお届けする作品は、『トーク・トゥ・ハー』と『ローマの休日』になります。


TM&Copyright(c)2003 Paramount Pictures
Corporation. All Rights Rreserved.

『トーク・トゥ・ハー』はペドロ・アルモドバル監督最高傑作との呼び声も高く、2003年アカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞しています。

『ローマの休日』はオードリー・ヘップバーンの名作。急逝10年にあたる本年、新たにデジタルニューマスター版としてスクリーンに甦ります。どちらも劇場がお送りする自信作。

これからも、一年間積み上げてきた「映画を通して伝えられる全ての楽しさ」をお届けできる、東京テアトルグループのフラッグシップ館としての地位を確立して参りたいと思います。

無事に一周年を迎えることが出来た感謝とご愛顧を込めて、記念プレゼントを実施いたします。
4月27日(日)から5月5日(月)の9日間、テアトルタイムズスクエアにて映画を御覧頂いたお客様に抽選で記念品を差し上げます。合わせてオープン一周年の4月27日だけの特別イベントも開催します。
詳細に付きましては、こちらをご覧下さい。こちらのイベントは終了致しました。
<< news release index 2003年度 << 前のニュース<PDF> | 次のニュース >>
pagetop