お客様の満足を最高の喜びとして ―

コーポレートガバナンス

HOME > IR情報 > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、コーポレートガバナンスを「企業経営を規律するための仕組み」と捉え、これを確立し、適正な内部統制システムを整備・運用することは、企業不祥事の発生防止のために不可欠な要素であるばかりでなく、当社が持続的かつ健全に成長していくための土台、経営力の基礎となるものであると認識しております。

コーポレートガバナンスを確立するためには、第一に経営者が企業の目的を明確にし、それぞれに基づく経営理念を持ち、それに照らして適切な態度、意識、行動をとるという姿勢を自ら示すことで良好な企業風土を構築すること、第二に監査体制の強化を図り、監査の実効性を確保するなど、企業経営者以外の者による監視・検証等の仕組みを充実・強化していくことの2つが重要な課題であると考えております。

当社は、内部統制の整備とあわせて、コーポレートガバナンスの確立にグループ全体で取組んでおります。

行動基準

東京テアトルグループ行動基準を掲載しています。(PDF 10KB)

内部統制システム

内部統制システムの整備に関する基本方針を掲載しています。(PDF 19KB)

コーポレートガバナンス報告書

コーポレートガバナンス報告書を掲載しています。(PDF 87kb)

コーポレートガバナンス基本方針

コーポレートガバナンスに関する基本方針を掲載しております。(PDF 24KB)